新型コロナウィルス流行についての書道教室の方針

現在日本では海外からの大勢の帰国者による第2波の流行が来ていますが、東京都がロックダウンを指示するまで教室は開講いたします(ただし東京都の週末外出自粛要請を受けて3/29、4/4、5は休講いたします)。感染危険が増す条件①換気の悪い密閉空間、②多数が集まる密集場所、③間近で会話や発声をする密接場面が重なると感染危険があると言われていますが、当書道教室は上記の条件にそれほど当てはまらないと考えています。普段から人の多い交通機関をご利用の方はすでに会社などから外出自粛の指示が出ていて教室を休まれているので、現在お越しいただいている方は上記の条件の重なる環境にない方だと考えています。

ただし基礎疾患があるなど不安で休講を希望される方は休講していただければ幸いです。熱が37.5度以上あったときも休んでいただければと思います。

お振替(2か月後まで)や一時的な休会は随時承っております。

 

感染原因は大体が①接触感染②くしゃみや大声で話すなどの飛沫感染の2パターンと言われています。レッスンをする際は換気扇つけて窓を開け、換気に努めます。また手洗いを奨励して接触感染の防止に努めます。

 

休会を予定されている方で、家での練習を希望される方にはオンラインレッスンをおすすめしています。添削を希望せずアドバイスのみの場合は月額1000円になります。すべての書道動画は見放題です。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.calligraphy-lesson.com/online/

 

従来型の郵送による書道の通信教育もおこなっています。直筆のお手本をご希望の方やあまりスマホを使用されない方などご希望がございましたらメールにてお知らせください。

 

ユーチューブチャンネルにも『書作』の書道動画を公開しています。

www.youtube.com/c/calligraphy-lesson

休会中の方で提出希望の方は締切数日前までに新宿教室まで作品をお送りください。

 

よろしくお願いいたします。

 

王羲之 興福寺断碑 書作5月号課題書道動画

王羲之の興福寺断碑の臨書です。競書書道雑誌『書作』2020年5月号漢字半紙甲の課題です。 興福寺断碑は、王羲之の行書を集字してつくった碑で、碑がつくられた正確な年代はわかりませんが720年頃と言われています。王羲之の行書を集字した碑で最も有名なものに集王聖教序(672年)がありますが、 一点一画の形や運筆の調子だったり字形などは集王聖教序の方が評価は高いですが、興福寺断碑の方が、字と字の流れが自然で、線が繊細でない分筆画が強いので拡大臨書をしても弱くなりにくいと言われています。王羲之の書は、書道の行書を学ぶ際の王道です。

競書雑誌課題5月号 張猛龍碑 新宿書道教室

新宿渋谷書道教室、『書作』5月号課題張猛龍碑の書道動画です。

 

書道習字楷書の基本的な書き方 《白虎》 競書雑誌『書作』課題

競書雑誌『書作』2020年5月号の楷書課題です。

「白」は、左の縦画と右の縦画の角度と太さに注意します。横画の間隔は均等にします。頭が三角になるように、1画目の場所と長さに注意します。

「虎」は、書写体で書かれているので活字とは少し異なります。書き順はいくつかありますが基本的な書き方にしたがっています。輪郭は三角になるように、最終画は長く張り出しはねます。

YouTubeでも書道動画を公開しています。

https://www.youtube.com/c/Calligraphy-lesson

書道セットの使い方 筆の下ろし方 墨のすり方 筆の洗い方など

書道初心者の方のために書道用具の使い方の動画をYouTubeで公開しています。

書道セットについている文房四宝の使い方:新しい書道用の筆(太筆、細筆)の下ろし方、硯と固形墨を使った墨のすり方、つくり方、書道行書の手本、印の押し方、印泥の混ぜ方、筆の洗い方、硯の洗い方、筆の干し方などを紹介しています。

とくに小筆の扱いには注意してください。小筆は水でじゃぶじゃぶ洗わず、反古紙を水で濡らし、墨をふき取ります。そうしないと筆が根元まで下りてしまい筆の先が広がってしまいます。大筆の場合も根元まで下ろしてある筆は動画のように洗い、筆の途中までしか下ろしていない筆の場合は小筆の方法に準じます。

 

ユーチューブでご覧いただくとそれぞれの項目にスキップできる目次リンクをご利用いただけます。

https://youtu.be/mCwjSJzTrPM

書道教室の講師が創玄展で受賞しました

書道 ペン字 教室

ペン字美文字書道教室新宿で講師をしている長谷川先生と髙橋先生が第56回創玄展で受賞されました!

長谷川先生は一科詩文書作品出品者のなかから選ばれ特選を受賞されました。髙橋先生は二科漢字作品出品者のなかから選ばれ準二科賞を受賞されました。

創玄展は日本最高峰の書道展で、その中での入選入賞は大変価値の高いものです。書道の世界では、段級師範の資格よりも、日展、読売展、毎日展、創玄展などの日本を代表する大規模書道展での受賞歴の方が書家の実力を示すものとして有効であり、価値があります。

ただ残念なことにこのご時世のなか、国立新美術館と東京都美術館が休館となり、創玄展は中止となりました。生徒さんのなかにも初入選や初受賞の方もいらっしゃっただけに大変残念です。

 

『書作』の課題の書道動画 楷書 興福寺断碑 張猛龍碑

書道教室に来れない方のために『書作』4月号の手本動画を掲載します。
お時間がある時にでも練習してみてください。

漢字半紙 丙 書道手本動画

漢字半紙 甲 書道手本動画 興福寺断碑 王羲之

漢字半紙 乙 書道手本動画 張猛龍碑

ペン字の美文字講座の動画(ひらがな、カタカナ)をYouTubeにアップしました

ペン字でひらがなとカタカナをきれいに書く方法をYouTubeにアップしました。ひらがなには美文字になるための解説もつけました。動画を見るだけでも美文字のコツが感じられると思います。

 

当書道教室では、ペン字が上達したい人向け・初心者だけども毛筆の書道がしてみたい人向けの教室も開講しています。

→ペン字美文字書道教室新宿

 

時間があまりない方や、遠方で通うことができない方にはオンラインで書道・習字を学べる書道の通信教育もご用意しています。

→書道サロン オンライン書道教室

 

当教室のユーチューブチャンネルではほかにも書道サロンで提供している書道手本動画の一部を公開しています。

→書道教室YouTubeチャンネル

実用ペン字 ひらがなの書き方美文字動画

実用ペン字 カタカナの書き方美文字動画

書道動画をYouTubeで一部公開しています

当書道教室のYouTubeチャンネルでは、オンライン書道レッスンで提供している書道動画を一部公開しています。

https://www.youtube.com/c/Calligraphy-lesson

オンライン書道では競書雑誌『書作』の手本執筆動画をはじめ、初心者のための書道初級編、中級編、ペン字レッスン初級編、中級編など幅広くアップしています。ご要望をいただければ臨書作品なども随時アップしていきます。もちろん静止画像も掲載していますので、それをB4サイズにプリントアウトすればほぼ半紙大の原寸手本となります。

スマホがあればどこにいても書道が学べます。添削などもスマホで撮った写真をアップするだけです。切手を貼って郵送したり、わざわざスキャンしたりする必要はありません。わかりにくい箇所は何度も再生して学べます。

 

もっと書道動画を見たい方は書道サロン・オンライン書道レッスンにお申し込みください。

→書道サロン・オンライン書道レッスンへのリンク

 

 

本日の英語による書道レッスン

英語 書道 shodo english

本日も日本人向け通常の書道レッスンの合間に英語による書道体験をおこないました。ご予約者の女性は日本語を少しだけ勉強されていて、ひらがなとかたかなと漢字を少し書けるようでした。海外の方が漢字などを学ぶときは活字を見て学ぶので、ハネや払いもすべて線の一部としてとらえています。そんなとき書道(習字)を体験すると、ハネや払いやトメなどが理解できて、なぜその漢字がそのような形をしているのかわかり、漢字学習にも役立ちます。他の三名の方は日本語や漢字に触れるのが初めてで、漢字の造形や書の作り出す線に興味をもっていました。

日本語学校での日本語レッスンなどで日本語講師の方に書道体験も少し取り入れていただくと、日本語を学んでいる生徒たちの漢字学習やひらがな学習の理解が少し進み、文字の習得に興味をもってもらえるのではないかと思っています。

 

当新宿教室では、英語による書道体験のボランティアを随時募集しています。レッスンは毎日あるわけではなく、時季によってたくさんお越しいただけるときとほとんどいらっしゃらないときがあります。今年は新型コロナウィルスの影響で例年よりも少なくなりそうですが、もともと書道レッスンにいらっしゃるのはほぼ欧米の方で、中国、韓国、台湾、タイなどのアジアからの訪日客は書道体験を選択することはなく、インバウンドの特需の影響をほとんど受けていません。なので英語による書道レッスンのみで生計を立てるのはむずかしいですが、留学を控えていて海外でも書道で交流を深めたい方や、すでに海外在住で周りの人に書道を教えてみたいと考えている方など、書に対する熱意をお持ちの方にはレッスンボランティアをおすすめいたします。

小田急グループ企業UDSさまにインバウンド向け書道デモレッスンをしました

書道体験 旅行者 由縁
書道教室 小田急
書道 インバウンド
書道 インバウンド

小田急電鉄グループ企業で、無印のMUJI HOTEL GINZAやONSEN RYOKAN 由縁を運営されているUDSさんに書道のデモレッスンをしました。

J-CATさんとUDSさんが組んで、ONSEN RYOKAN 由縁にお泊りの訪日外国人のお客様に気軽に日本文化を体験していただける機会をつくろうとされていて、今春よりはじまることになっています。書道でアドバイザーをさせていただいているJ-CATさんの依頼で、実際の書道体験レッスンがどんなものか、UDSの社員の方に英語による書道レッスンを体験していただきました。

最後に撮った集合写真の充実した笑顔を見ると、書道の魅力、筆で書くことの魅力、書道体験が精神にもたらす緊張と安静を感じていただけたのではないかと思います。


当書道教室では、英語による書道レッスンをおこなうかたわら、外国人の方に英語で書道を教えてみたいと思われている方々をボランティアのインターンとして受け入れ、後進の育成をおこなっています。昔から書道を続けていて、大学の留学中に現地の方にも書道の魅力を知ってもらうため書道体験レッスンをしてみたい方や、現在海外に在住で周りから書道を教えてほしいと言われた方など、今までいろいろな方がインターンに参加されています。

書道教室をもつことが「夢」だとおっしゃる方がとても多いのですが、「夢」だと思っているうちは何も実現しません。勇気ある一歩からはじまります。書道歴が10年以上あり、留学経験があれば、いつでも外国人の方向けの書道体験レッスンを始められます。日本人向けの書道教室を開きたいと思っている方も決して実現がむずかしい夢ではありません。書道歴が10年あれば子供もしくは初心者の大人の指導は可能です。大人の中級者以上を指導するにはさらに臨書の勉強が必要になります。こちらは会得するのに時間がかかりますが、2年以上臨書の勉強をしていれば大人の中級者でも指導可能です。指導しながら自分も並行してさらなる臨書の勉強を積めば書道の先生になれる道が早まります。ただし書道教室開講の一番の肝になるのはどうやって生徒さんに来てもらうかです。そこが最も重要となってきます。

当新宿書道教室では、書道教室を開講したいと考えられている方のお話をきく機会を設けています。もし何か相談したいことがある場合はメールで受け付けていますので、ご遠慮なくお知らせください。

ペン字美文字書道教室新宿の長谷川講師が池袋で書道展を開催しています

書道教室

ペン字美文字書道教室の長谷川講師を中心としたメンバーが現在池袋で書道展を開催しています。代表宮崎も小品を賛助出品しています。池袋にお越しの際はどうぞよろしくお願いいたします。

2月5日(水)―10日(月) 10:00~18:00

東京芸術劇場B1F

畠田心珠書展 アトリエイースト

第3回雛燕書展 アトリエウエスト

書道教室
書道 習い事
書道教室 新宿

高橋書店さんからペン字書道教室の取材を受けました

ペン字教室 習い事
右が高橋書店さん、左が長谷川講師

高橋書店さんからペン字書道教室の取材を受けました。

高橋書店さんでは現在新しいペン字のレッスンブックの出版を準備されていて、その取材でペン字美文字書道教室新宿にお越しいただきました。

高橋書店さんでもすでに何冊かペン字美文字本を出版されているのですが、ペン字本で練習してもなかなか続かなかったり、練習した直後はうまくなってもすぐに自分の字に戻ってしまって上達しないという悩みを抱えられている方のために、本当にうまくなるための本をつくろうと準備されています。そのために少しでもお手伝いできればと当教室で教える長谷川講師が取材協力しました。その後編集部の方に実際に長谷川講師のレッスンを受講していただきました。

編集部の方がたくさんの他社のペン字美文字本をもってこられましたが、どれも書かれている内容やうまくなる方法は同じで、どちらかというと読者はその著者の字が好きで購入されている印象でした。たしかに自分が好きな字の練習帳で学んだほうがモチベーションが続くという意味ではいいかもしれません。でもそれは根本的な問題の解決にはなっていません。根本的な問題はなかなかモチベーションが続かないということです。その解決策としてペン字美文字教室がありますが、月2回ほどのレッスンでは一度習ったことを次のレッスン時には忘れていることが多くいまいち上達しない場合もあります。先生に言われたことを毎日思い浮かべて字を書いていれば上達は早いのですが、急いで書かないといけない場合やいそがしくてペンで字を書く時間がなかったりなどいろいろとむずかしいことがあります。ペン字の美文字レッスンはダイエットと同じと考えていただくとわかりやすいかもしれません。ダイエットの方法はいろいろな書籍や研究でわかっているのですが、面倒くさくなったりどうしても夜にラーメンを食べてしまったりしてしまいます。ペン字の美文字レッスンも同じです。毎日意識して書いていれば上達するのですが、つい忘れてしまいます。ダイエットと同じでモチベーションが大切になってくるのです。そこで当書道教室では、ペン字美文字本やペン字教室で挫折した方々のために、ペン字美文字のパーソナルトレーニングコースを現在準備しています。1対1で教室で教えるのではなくて、教室へは通常通り月2回や4回お越しいただいて、それ以外の日にスマホを使って毎日自分の書いた字を写真で撮って講師に送り、講師がアドバイスや励ましをおこなうというシステムです。生徒さんも講師に写真で送るからにはそれなりに気をつけて書かないといけなくなるし、毎日講師からアドバイスがもらえて、美文字が見につく確率が高まります。

美文字パーソナルトレーニングにご興味のある方は、お問合せ時にその旨をお知らせください。

 

→ペン字美文字書道教室新宿

新宿美文字書道教室 おすすめの習い事

硬筆 書道

令和2年1月から開講したペン字美文字書道教室新宿ですが、おかげさまでたくさんの方に体験レッスンにお越しいただいています。レッスンのご継続を希望される方も多く、講師一同このような素敵な機会をいただけたことにたいへん感謝しています。
生徒さん一人ひとりにキメの細かい丁寧な指導をしたいことから6名までの少人数制をとっているので大変ご迷惑をおかけしていますが、曜日時間帯によっては満席になりつつあるクラスもございます。もし美文字、書道にご興味がある方は是非お早めに一度体験レッスンにお越しいただければ幸いです。
書道の先生というとおじいちゃん先生やおばあちゃん先生を思い浮かべる方が多いので、わたしたち講師一同の若さに戸惑われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、書道歴はみな十年以上で日々書道の研鑽をしています。書の古典に忠実に勉強に励みながらも、昔のやり方に固執することなく、新しいことで役に立つことは積極的に取り入れて生徒さんが少しでも楽しく書道を続けていけるよう努力しています。
今までの書道の世界は年功序列で実力があるのに歳が若いというだけで書道教室を持つことができませんでした。書に対して熱意ある人も一般企業に就職したり、書道や国語の教員になる人がほとんどで、書道で食べていこうと考える人はほとんどいませんでした。しかし時代は変わり、教室も手頃な値段で借りられるようになり、教室を知ってもらう方法もネットの普及、SNSの普及で多様化し、ひとりでもできるようになりました。最も熱意ある世代であるわたしたち講師一同は、書道を教えるというこのような素敵な機会を与えてくれた生徒さん、体験レッスンにお越しいただいた方々に心から感謝しています。


→ペン字美文字書道教室新宿についてはこちらをご覧ください。

大学のフェスティバルで英語による書道体験ボランティア

新宿にあるレイクランド大学日本校の依頼で書道体験コーナーをボランティアで開催しました。大学の新入生歓迎イベントの一環です。外国の方も日本人の方にもたいへん楽しんでいただけました。予想以上の大勢の方にご参加いただき盛況のうちに終わりました。

英語 書道
english japanese calligraphy shodo

英語での書道体験レッスン インバウンド向け

英語 書道
今回は、アメリカ、デラウェア大学の学生が研修留学の一環として当新宿書道教室に書道体験に来てくれました。
計20数名の生徒さんがワイワイと楽しく思い思いの書道作品を仕上げていました。
レッスンでは4名の英語の話せる当教室スタッフに手伝っていただきましたが、内2名はなんと海外の大学への入学を控えた高校生、内1名はすでに留学経験のある大学生という大変若くてエネルギー溢れるメンバーでレッスンを盛り上げました。アメリカ人大学生の活気には圧倒されてしまいましたが、それ以上に高校生や大学生でありながらまったく臆することなくむしろ楽しんで外国の生徒と接するスタッフを見ていると大変頼もしく感じました。人口減少が加速する中、書道も下火になっていくというのが大方の大人の考えですが、書の技術と英語力を武器に世界と渡り合っている若い人を見ていると何か可能性を感じます。何か自分の好きなことをして相手もそれで楽しんでくれて感謝してくれるということの一見単純だけれども生きていることの楽しさを実感させてくれるこのプロセスが、AIの発達によって世界の9割の仕事がなくなって以降の人間の行う唯一の仕事になる気もします。
仕事でも生活でも、何かワクワクさせるような経験、体験がいかに生活を充実させてくれるか感じることのできた1日でした。
当書道教室では、今まで大人からなかなかチャンスをもらえなかった高校生や大学生の方にも英語による書道レッスンに参加できる機会を提供しています。もちろん日々の書道の勉強が一番大切ですが(教えるということは責任も発生します)、まず自分のやりたいことに飛び込んでみるのも大切です。準備ばかりしてできない理由ばかり考えていては前に進めません。まずやってみると何が自分に足りないか思い知ります。すると俄然勉強のモチベーションが上がります。結果的に準備に余念なくつとめていた人よりも数倍先に進める場合もあります。モチベーションはたくさんの可能性の扉を開ける鍵となるのですから。

→英語で書道を教える



ペン字・書道教室新宿日曜日開講しました

ペン字 おすすめ 書道

今年の1月から開講したペン字美文字書道教室新宿(第2新宿書道教室)の日曜日の第一回目が12日に開催されました。きめ細かい指導で生徒さんからたいへん評判のいい馬場講師から書道レッスン風景の写真を送っていただきました。当書道教室ではそれぞれの生徒さんの希望やレベルに合わせてオーダーメイドのレッスンをおこなっています。まずはボールペン字をきれいに書けるようになりたい方にはペン字の指導を、毛筆書道で段級位や師範の取得を希望されている方には毛筆の指導を、段級位を取るまでじゃないけど気分転換や趣味としてゆるく書道をしたい方には基本的なところから指導しています。

→美文字書道教室新宿はこちら

ペン字手本「寒中お見舞い申し上げます」をボールペン字で書いてみました

ペン字 手本 書道教室
年賀状を書く時間がなくて出し忘れていた方はまだ寒中見舞いを出すチャンスがあります。せっかくなら手書きで書きたいですね。手書き文字は上手い下手に関わらず書き手の心が伝わってきます。
普段ボールペンで寒中お見舞いを書くことはありませんが、行書と楷書の見本を書いてみました。
ボールペン字はコツをつかむと整った字になります。書店で売られているペン字練習帖などで練習すると上達します。ただし自分の字のクセやどこをなおせば良いのかなかなか自分では気づきにくいこともあります。そんなときはペン字教室や書道教室に通うと先生が指摘してくれていつも書くときにどこを気をつければ良いか明らかになります。

→ペン字美文字書道教室新宿

本日新宿書道教室第二教室開講しました。

ペン字 書道 東京

本日より新宿書道教室第二教室が新しい場所で始りました。夜の写真なので分かりにくいですが、木目調のブティックのようなおしゃれな外観です。とりあえず机や椅子など開講できる最低限のものを揃えただけなので少し簡素ですがこれから書道作品なども飾っていきます。
初心者向きのペン字と書道を教えていますが、月曜日と木曜日は、将来展覧会に出品してみたい方など上級者も対応可能です。

→ペン字美文字書道教室新宿

ペン字美文字書道教室新宿(第二新宿書道教室)レッスン開始

ペン字 おすすめ

1月1日から第二新宿書道教室へ机と椅子の搬入を開始し、お正月返上でなんとか書道教室が開講できるまでになりました。もともとブティックだったときの調度品をそのまま生かし、それに合わせて木のぬくもりの感じられる机と椅子を設置しました。レトロでお洒落なかわいい書道教室の空間になったかと思います。ペン字書道レッスンは1月6日月曜日から少しずつ開始します。

 

→ペン字美文字書道教室新宿

ペン字教室 新宿

筆ペンで書くと気持ちが伝わります

ペン字 年賀状
1月から新宿でペン字美文字書道教室をはじめました。
初心者の方にやさしい教室です。
ペン字、筆ペンだけではなく毛筆も指導しています。
もうみなさんは年賀状を書かれたでしょうか?
年賀状の最後に「令和二年元旦」と書きますが、年賀状の一部分でもペンの代わりに筆ペンで書くと年賀状全体が品よくまとまります。
筆や筆ペンにはペンにはない上品さと艶やかがあります。筆には太さの抑揚と線の勢いが表現できるからです。
ペン字 筆ペン
トメやハネに気をつけて丁寧に書くだけで書いた人の気持ちが伝わります。まっすぐ書けない場合は薄く鉛筆で中心線をひいてから書くと書きやすくなります。
ペン字、筆ペン、毛筆の上達の秘訣は書くことを好きになることです。うまく書こうとする必要はありません。

ペン字美文字書道教室新宿では専門講師が生徒といっしょになって上達をサポートいたします。

詳しくはこちらをご覧ください
→ペン字美文字書道教室新宿

書道教室 おすすめの習い事

このブログでは、お子さまの習い事をお探しの方と、人生をアップデートしたいと考えられているビジネスパーソンの方に向けて、書道を習うことのメリットをお伝えします。


令和時代に入り、安定と思われていた大企業が終身雇用崩壊を宣言し、次々と大リストラと早期退職制度で人員整理をおこないはじめました。その中で2020年以降も生き残るためのスキルとは?

それは英語でもプログラミングでもなく「書道」です。これから必要とされるスキルは、論理的思考でも問題解決型の思考でもなく、感性であり問題提起型の思考、新しい価値を創造する思考、つまりアート思考です。

アート思考を育む方法、教育のなかでもビジネスと親和性の高いのは「書道」であり、日本には他国には及ばない文化的な厚みをもっていて、その延長線上に「書道」もあります。書道は、英語やプログラミング教育よりも、これからのビジネスや思考の本質を育むのに適したもので、かつ長年の伝統があるのですでにある仕組みを利用するだけでいつでもだれでもどこでも書道を学ぶことができます。

以下では今こそ書道を学ぶべき理由や未来を生きる子供の習い事としておすすめできる理由について解説します。

もくじ

これからの時代に必要なスキルとは?

現在キャリアアップの手段として人気のある英語やプログラミングのスキルも近いうちにAIにとって変わられ、人間の担う仕事が減ってゆきます。そこで近年注目されているのはクリエイティビティ(創造性)です。クリエイティビティこそ人間に残された最後の仕事です。しばらく流行っていたMBA(経営学修士号)留学も最近はMFA(美術学修士号)留学へとシフトしつつあります。今までのビジネスの世界ではロジカル思考でうまくいっていたところがそれだけでは天井にぶつかってしまうことが多くなりました。そこで今注目されているのが新しい価値を創造するアート思考です。もちろんあらゆる活動の基礎になるのはロジカル思考です。これまではロジカル思考を突きつめてゆけば2を3にしたり4や5に改善することができ、それでうまくいっていました。しかしこれからは2を3にする改善だけでは足りず、0(ゼロ)から1(イチ)生み出す創造性が必要になってきました。完璧なロジックを積み上げてもどうしても壁にぶち当たるときがあります。そのときにアート思考、アートの実践を取り入れることで思考をジャンプさせることができるのです。

 

アートとビジネスはそもそも関係ないではないかと思われるかもしれませんが、それぞれは孤立したものではありません。増村岳史さんは著書『ビジネスの限界はアートで越えろ!』のなかで、アート、デザイン、サイエンス、テクノロジーの関係をわかりやすく図示されています。

書道 ビジネス アート思考

https://newspicks.com/news/3756082/body/の記事より引用)

 

上の図のようにビジネスでは、アート、デザイン、サイエンス、テクノロジーにはそれぞれ役割があると言います。

ビジネスで必要となる「問題解決」「ロジック」「感性」「問題提起・新たな価値の創造」が4つの軸として取られています。図を見ると「テクノロジー」はロジックで問題解決を図るということがわかります。「サイエンス」はロジックで問題提起・新たな価値の創造を図ります。「デザイン」は感性で問題解決を図り、「アート」は感性で問題提起・新たな価値の創造を図るというイノベーティブな役割を担っていることがわかります。

「書道」でアート思考を育む

これからの時代、必要とされているのは新しい価値を創造するアート思考だとさきほど述べましたが、そのなかでもビジネスともっとも親和性の高いのは「書道」だと考えています。

ビジネスの世界ではよく「守破離」の概念が用いられますが、これはそもそも日本の伝統芸術の修行における過程を示したものです。「守破離」とは、修業においてまず師匠から教わった型を徹底的に「守り」、型を習得したあと自分なりに改善して既存の型を「破り」、さらに修行を積んで型に囚われなくなり型から「離れ」自在となる修行の過程のことです。書道も例外ではありません。日本の伝統芸術と最先端のビジネスは実はつながっているということです。そして書道には、筆と墨と紙さえあればいつでもどこでもその伝統の中に入り実際に体験できるという利点があります。

また(絵を描く行為もそうですが)書道は、アートにかたよったものではなく、ロジックと感性の双方のバランスを高めていく行為でもあります。書道・習字の練習では、まず手本をよく観察して特徴をとらえます。そしてそのイメージを保ち続けて、筆に墨をつけて紙の上に具現化します。ここでおこなわれているのは、よく観察して出力する行為、綿密で正確なインプットとアウトプットの繰り返しです。この繰り返しの中で認知バイアス(思い込み)が排除されてゆきます。理論と実践の絶え間なき反復です。これは全体を統合し、調和させる力であると増村氏は同著で述べています。

書道を習い事としておすすめする3つの理由

書道 ジョブズ
書道 プログラミング 習い事

以前読売新聞に「未来のジョブズを目指す小学生人気の習い事」(2005年6月29日)という記事がありましたが、どれだけプログラミングを学ぼうとも米アップル創業者スティーブ・ジョブズにはなれません。第一にジョブズは自分でプログラミングをすることはなく、優秀な共同創業者やスタッフに任せていました。第二にジョブズがApple社を説明するときに、「テクノロジーとリベラル・アーツの交差点」という言葉を使っています。これはつまり理系だけでも文系だけでもダメでそうした学問の垣根を取り払った先に究極の発明があることを説明しています。たしかにプログラミングは実践的な論理的思考を育ますが、プログラミングの習い事だけではだめだということです。多くの人が指摘する通り、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツやフェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグを目指すのであればともかく、スティーブ・ジョブズを目指すのであれば、プログラミングでも英語でもなく「書道」を習ったほうがまだ可能性があります(ジョブズのようになるにはそもそも相当困難ですが)。将来に備えて子供にプログラミングを習わせるのは私見では物事を表面的にしか見ていない短絡的な考えだと思います。たしかに現在経済がグローバル化しビジネスにおいて英語が必須となり、プログラミングの技術はあらゆるサービスで必要とされています。しかしビジネス英語は間もなく自動翻訳機にとってかわられ、プログラミング技術はすぐに陳腐化して自動生成にとってかわられることでしょう。その中で残るのは小説の翻訳家(とくに文化の異なる言語間で)や、トップのプログラマーのみでしょう。

 

子供のプログラミング教育の利点は主に次の3つだと言われています。プログラミング力の養成、論理的思考の養成、ものづくりの楽しさを教えることです。今プログラミングを学んでも将来就職するときにはすでに廃れた技術になっています。全く役に立ちません。目標を定めて計画を立ててゴールに向かって問題を解決していく行為、ルールに則ってコードを組み、トライアンドエラーを繰り返す行為は論理的思考を養います。ただしこれは書道でも同じです。目標である手本を見てどうすれば同じように書けるのか、文字のルールに則って書き、書道の手本をよく見てトライアンドエラーを繰り返します。書道はさらにアート思考も育みます。ものづくりの楽しさは、プログラミングでも書道でも楽しめることでしょう。あとは興味をもつかどうかです。つまり、プログラミングで養えること以上に書道で養えることのほうがはるかに多いということです。

 

次に、ジョブズを目指すのにプログラミングよりも「書道」を習ったほうがいい理由を3つあげてみます。

ジョブズと西洋書道

巨大IT企業Apple創業者ジョブズと伝統的な西洋書道(カリグラフィー)には実は深い関係がありました。

ジョブズは大学に入学するものの興味がわかず退学してしまいます。しかし自分の関心のある授業のみもぐりで出席し続けていました。そのひとつがカリグラフィーの授業でした。当時ジョブズの潜っていた大学は全米最高峰のカリグラフィーの講義が受けられたそうで、ジョブズはセリフ書体、ひげ飾り文字、活字を組み合わせた場合のスペースのあけ方や美しく見せる秘訣などを学び、科学ではとらえきれない伝統芸術の西洋書道の世界に魅せられました。

その後アップル社を創立し、ヒット商品を生み出し、マッキントッシュの設計をしていた時のこと、10年前に受講した西洋書道のことを思い出します。

「リード大では当時、全米でおそらくもっとも優れたカリグラフの講義を受けることができました。キャンパス中に貼られているポスターや棚のラベルは手書きの美しいカリグラフで彩られていたのです。退学を決めて必須の授業を受ける必要がなくなったので、カリグラフの講義で学ぼうと思えたのです。ひげ飾り文字を学び、文字を組み合わせた場合のスペースのあけ方も勉強しました。何がカリグラフを美しく見せる秘訣なのか会得しました。科学ではとらえきれない伝統的で芸術的な文字の世界のとりこになったのです」

 

「もちろん当時は、これがいずれ何かの役に立つとは考えもしなかった。ところが10年後、最初のマッキントッシュを設計していたとき、カリグラフの知識が急によみがえってきたのです。そして、その知識をすべて、マックに注ぎ込みました。美しいフォントを持つ最初のコンピューターの誕生です。もし大学であの講義がなかったら、マックには多様なフォントや字間調整機能も入っていなかったでしょう」

 

「もし私が退学を決心していなかったら、あのカリグラフの講義に潜り込むことはなかったし、パソコンが現在のようなすばらしいフォントを備えることもなかった。もちろん、当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。しかし、いまふり返ると、将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです」

「ハングリーであれ、愚か者であれ」ジョブズ氏スピーチ全訳 日本経済新聞

 

これは、ジョブズが2005年スタンフォード大の卒業式に行った有名なスピーチの一節で、点と点をつなげる(connecting the dots)ことの重要性について話しています。表面的な考えで役に立つ分野のみ学ぶよりも、自分の趣味だったり、偶然興味をもったことのような一見仕事とは何の関係もないことが仕事の役に立つこともあるということです。または今やっている仕事に興味がもてなくても将来別の仕事に就いたときにそれが生きてくることもあります。まったく脈略のないことでも自分という存在のなかで点と点がつながりひとつになる。そうしたつながりの方がよりクリエイティブなものを生み出すということです。プログラミングや英語は何かをするときのきわめて実践的な道具にすぎません。それを使ってクリエイティブな仕事をするには他の人には考えもつかないようなアイデアが必要になります。そのアイデアを導き出す方法のひとつとしてジョブズは「connecting the dots」を紹介しています。

書道でなくてもいいのですが、書道はどうすれば美しくなるかをひたすら試行錯誤するので美的感覚が養われます。これは現代に必要とされているアート思考とも呼応します。

禅と書道

守破離と書道

まとめ

書道を習い、テクノロジーにも詳しくなった子供が大きくなったときこそ、スマホに代わるとんでもない発明が日本で生まれるかもしれません。

それは20世紀前半のアヴァンギャルド芸術家が夢見た絵による詩、絵画詩、視覚イメージと言語イメージの完全に融合した新しいコミュニケーションとなるでしょう。この発明は、視覚イメージと言語イメージが継ぎ目なくなめらかに融合している「書」を通してしかなしえないことであり、「書」の可能性でもあります。

 

書道、ペン字レッスンはこちら

ペン字美文字書道教室新宿

初心者のための美文字書道教室 新宿に開講

ペン字 初心者 書道

3年半前に開講した新宿書道教室ですが、おかげさまで平日夜と土曜日はほぼ満席となりました。大変ありがとうございます。

書道やペン字レッスンを始めたいと考えられている方には大変ご不便をおかけしています。そこでこの度、はじめて書道や美文字レッスンを受けたいと考えられている方や久しぶりに書道をしてみたいと考えられている方のために、第二新宿書道教室を開講しました。今なら体験レッスンや受講予約も大変スムーズにお取りいただけます。1レッスン6名定員ですのでゆったりと丁寧なレッスンを受講していただけます。まだ開講したばかりで開講検討中の曜日時間帯もございます。ご希望がございましたらご連絡ください。

現在期間限定で受講料がたいへんお得な特別価格となっております。受講料が通常料金に戻ったあとも退会されるまで特別価格のまま受講していただけます。一年の計は元旦にあります。どうぞ一度美文字レッスンの体験にお越しください。

書道教室 PayPalでの月謝お支払いも5%還元

習字教室 PayPal

この度経産省キャッシュレス還元事業においてPayPalでの支払いに関しても5%還元されることとなりました。これで銀行振込を除いて、現在PayPal自動引き落としで月謝をお支払いいただいている方すべてに5%還元されることになります。還元された5%分はペイパルアカウントに付与され、次回のお支払いにご利用になれます。

現在月2回7700円お支払いいただいている方は、実質月7315円と400円ほどお得になります。書道教室への入会を検討されている方は、ぜひこの機会に書道をはじめていただければ幸いです。

個人で運営している書道教室でキャッシュレス還元事業の審査に通過するのはむずかしいですが、生徒のみなさまのためになればと思い、挑戦させていただきました。

とくに追加のお手続きは必要ございません。5%還元は6月までとなります。

 

PayPalのキャッシュレス還元事業についてはこちら

毛筆でひらがなを書く

毛筆で漢字を書くときとひらがなを書く時の筆づかいは少し異なります。毛筆でとくに楷書を書くときは筆の穂先が線の外を通る側筆の筆づかいを用いるのにたいして、ひらがなを書くときは筆の穂先は線の中心気味を通ることが多くなります。とくに結びや回転する箇所では顕著です。これはひらがながもともと漢字の草書体からきているからですが、そもそも筆で円を書くとき、筆管を立てて穂先を線の中心当たりに通したほうが円滑に丸が書けます。ただし小学校で教えるようなお習字では漢字の楷書の書き方と調和させるために側筆を多用したひらがなの手本がよく用いられています。

 

ペン字美文字書道教室新宿ではペン字だけではなく、毛筆の書道も教えています。毛筆で書道を学ぶと、ハライやハネなどがより深く理解できます。

美文字書道教室新宿(第二新宿書道教室)

書道教室 全てのキャッシュレス決済で5%還元

書道 キャッシュレス

経済産業省キャッシュレス・還元事業の審査を経て、すでに承認されていたPayPayだけではなく、AirPayで提供されている、VISA、MASTERなどのクレジットカード、SUICA、PASMOなどの交通系電子マネー、iD、QuicPay、ApplePayなどすべてのキャッシュレス決済で5%還元されるようになりました。PayPalも現在申請中です。

書道教室でキャッシュレス還元事業の審査に通るのはなかなかむずかしいですが無事審査に通りました。書道の体験レッスンにお越しいただいた方もあらかじめ現金をご用意いただく必要がなくなりました。

現在2000円の体験レッスン代が、実質1900円になります。その他PayPayなど独自のキャンペーンをしている会社もありますのでよりお得に書道の体験ができます。

ペン字がうまくなりたい人へ 練習方法について

ペン字 おすすめ

近年小筆や筆ペンなどの毛筆はおろか手書きのペン字を書く機会はめっきりへりましたが、会社で同僚に伝言を残す際の手書きのメモやお土産に添えられた一言など、まだまだ手書きの文字の方が便利だったり、心が伝わったりする機会はあります。そんなとき達筆な人の字をみると、どういう方法で上達したのか知りたくなります。または書道教室や習字教室、ペン字教室に通おうかと検討されている方もいらっしゃるでしょう。字がうまくなる方法は、まずきれいな字の手本をよく見てその特徴をとらえてまねることからはじまります。そして自分なりに美文字のコツを理解することが大切です。ここではボールペンなどで美文字になる方法を解説します。

ペン字練習のコツ

上達する一番のコツはきれいな美文字の手本を見て、その特徴を理解することです。

人はそれぞれ脳内に自分の字の形のイメージを持っています。字を書くときはそのイメージにしたがって形をつくっています。その自分の文字の脳内イメージを美文字のイメージへと上書きすることで美文字が書けるようになります。

書店に並んでいる美文字本を開くとどの本も、手本があり、形の取り方の説明があり、なぞり書きの行があり、空欄の行があるという構成になっています。これは、美しい手本を観察し、どういうバランスの取り方出てきているか理解し、実際なぞることで自分の脳内イメージとの違いを理解し、修正して、実際に上書きされたイメージで書いてみるという美文字への近道の方法でできています。この流れを効率よく繰り返すことで比較的早くペン字が上達します。自分の脳内イメージと美文字イメージのちがいを認識することが肝になるのでこの流れを何度も反復すると効果が上がります。

ペンの持ち方について

ボールペン、サインペンで書く場合、ペンは親指、人差し指、中指で軽くつまむように持ちます。持つ位置は、最近のボールペンであれば、ちょうどグリップがくびれているあたりです。力を入れたり、強く握りこんで親指が人差し指の上に来てしまうと柔軟性がなくなるだけでなくすぐに書くのに疲れてしまいます。人差し指はペンのガイドとなるので動きを封じないようにします。掌は卵をもつようにふわっとさせます。ペン字軸は人差し指の第2関節第3関節の間あたりで支え、人差し指はペンの軸に沿わせます。手首の右側を机につけて3本の指でコントロールします。コントロールの仕方は、お箸を持った時の下側の箸を抜いた状態に似ています。

自分なりの持ち方をしていた人は持ち方を変えるときれいに書ける気がしなくなるかもしれませんがすぐに慣れ、書くとき手が疲れなくなります。

ペン字の練習をしてもなかなか上達しない方へ

正しいペンの持ち方を身につければ、半分美文字に近づいたようなものです。あとは気に入った字の手本のペン字練習帳を購入して、反復練習を繰り返すのみです。何かモチベーションがあると続きやすくなります。

ただペンの持ち方も直して、美文字本を買って練習しても、その時は上達してもすぐに自分の字に戻ってしまったり、そもそも全然上達しないという方もけっこういらっしゃるかと思います。それは、ペン字練習のコツで説明した、自分の脳内文字と美文字のちがいを理解することがむずかしいからです。理解したつもりでも、自分の字の特徴を客観的に見るのはなかなかむずかしいものです。そんなときはペン字美文字教室に通って先生に指摘してもらうと効果的です。どこをどう気をつければいいか的確に教えてもらえます。あとは指摘を受けた個所を気をつけながら普段も美文字イメージを頭に浮かべて字を書く練習を続けます。

まとめ

まずは握りすぎている人は持ち方を確認し、ペン字練習する際は、きれいな文字をよく見て特徴を理解することが大切です。その時に有効なのはなぞり書きですが、ただなぞるだけではなく、自分の字とどこが違うのか考えることが重要です。ただしなかなか自分ではそれに気づくことはむずかしいことが多々あります。そんなときはペン字美文字教室に通って先生のサポートを受けて、自分の癖のついた脳内文字を美文字に上書きしてゆきます。すると少しずつ美文字になってゆくはずです。
東京・新宿駅近くのペン字美文字書道教室では個人にあったオーダーメイドの指導をおこなっていますのでご興味があれば一度体験レッスンにお越しください。

→ペン字美文字書道教室新宿

新宿書道教室が経済産業省キャッシュレス・還元事業に採択されました

書道 キャッシュレス

当新宿書道教室が、経済産業省キャッシュレス・消費者還元事業に採択されました。

12月11日以降PayPayでお支払いすると5%還元されます。個人事業主、とくに書道教室ではなかなか採用されないようですが、当書道教室は無事審査に通り経済産業省の5%還元事業が適用されます。1月からオープンするペン字教室でも近いうちに使えるようにする予定です。

 

書道作品の依頼をいただきました

外国の方からポストカードサイズの書道作品の依頼をいただきました。お二人の名前を書いて欲しいとのことで、カタカナと漢字の両方をご用意させていただきましたが、本日直接新宿教室に作品を受け取りに来られ、最終的にカタカナの方を選択されました。
日本人は外国人の名前を漢字にしてあげたほうが喜ぶだろうと勝手に考えがちですが、そうした価値観の違いは十人十色と言えます。

新宿書道教室でSUICA、QUICPay、iD、ApplePayが使えるようになりました。

新宿書道教室では、無事審査が通り、PayPay、クレジットカード決済に加えて、SUICA、QUICPay、iD、ApplePayでのお支払いも可能になりました。

ペン字美文字教室新宿・東京をオープンいたします

12月より新宿書道教室の近くに初心者のためのペン字美文字教室新宿・東京をオープンしています。現在は日曜日、月曜日の開講となっていますが、1名以上のご希望があれば他の曜日も開講します。

https://www.calligraphy-lesson.com/penshuji/

書道教室にお越しいただいた桐谷美玲さんのウェブ記事

桐谷美玲 書道

『VOCE』12月号に掲載、桐谷美玲さんに当新宿書道教室にお越しいただいた記事がVOCEのウェブ記事にも掲載されています。

https://i-voce.jp/feed/15542/

書道教室でVISA、MASTER CARDでのお支払いが可能になりました。

AirPAYのVISAとMASTERの審査が通過し、書道教室にクレジットカード決済を導入することができました。

新宿書道教室は経済産業省プレミアムフライデー推進協議会から承認されました

書道教室 東京

新宿書道教室は、経済産業省プレミアムフライデー推進協議会からロゴマーク使用の承認を得ました。当書道教室は週末の金曜日、仕事を終えた後に書道にしたしむ運動を推進しています。

書道教室でキャッシュレス決済PayPayが使えるようになりました

当書道教室でキャッシュレスQRコード決済PayPayが使えるようになりました。

当書道教室で桐谷美玲さんに書道を指導させていただきました

桐谷美玲 書道

先日当書道教室で桐谷美玲さんに書道レッスンを指導させていただきました。現在発売中のビューティーマガジン『Voce ヴォーチェ』の連載企画「キレイミレイ」の取材でお越しいただきました。「キレイミレイ」は、桐谷美玲さんが趣味を見つけるためにいろいろな体験をするという企画で、今回は新宿駅前書道教室で書道に挑戦していただいております。

ぜひご覧ください。
現在新宿書道教室で桐谷美玲さんの作品《綺麗》を展示しています。「綺麗」の言葉は桐谷さんの連載タイトル「キレイミレイ」にちなんでいます。
通常の体験レッスンでは、初心者の方はまず筆の持ち方、書く時の姿勢、線の引き方、止め方の練習をし、次に「上・下」や「左・右」の字を練習し、左払い、転折、字形のバランスなどを学ぶなど基礎からはじめるのですが、今回のレッスンは桐谷さんの希望で、行書によって「綺麗」の二字を書きたいとのことで、筆の持ち方や横画縦画の練習をした後、すぐに行書で「綺麗」を書く練習に入りました。最初に「綺」「麗」の一文字ずつ、行書特有の書き方を確認しながら練習し、そのあと「綺麗」の二字を半紙に清書。今回桐谷さんは書道経験があまりないにもかかわらず初心者にとっては難易度の高い行書に取り組まれましたが、たいへんのみ込みが早く、筆の握りや運筆が自然で、字形の取り方の理解度も高くとても感心いたしました。完成作品は、端正で流麗な作でありつつも速度や筆圧の抑揚の利いた、桐谷さん独自の息遣いの感じられる個性的な作となりました。
桐谷美玲 書道
桐谷美玲 書道

小田急電鉄のfacebookページで当書道教室が紹介されました

小田急電鉄のfacebookページ英語版で、当新宿書道教室が紹介されました。当書道教室では、日本人の生徒がほとんどですが、その他にも旅行者向けなどに英語による書道レッスンを行っています。

https://www.facebook.com/odakyu.en/posts/2400920173297109?__tn__=-R

オンライン書道教室 書道通信課程 Online Japanese Calligraphy Lessons

当書道教室ではオンライン書道レッスンを開講しています。たくさんの手本動画から選び、作品を書き、スマホで撮って投稿するだけで、いつでもどこでも添削が受けられます。詳細は下記のホームページをご覧ください。

 

日本語

 

English

Japanese Calligraphy Lesson for Tourists 外国人旅行者向け書道体験教室

Today’s Japanese calligraphy lesson for beginners.

本日も通常のレギュラーレッスンの合間に多くの外国人旅行者の方にお越しいただき、書道を体験していただきました。5歳のお子様から60過ぎの年配の方までそれぞれ好きな漢字や自分の名前などを練習し、最後に色紙にしたためました。
また外国の方に書道を教えてみたい日本人のボランティアの方にも参加していただきました。書道の技術があり、かつ留学経験や英語でのコミュニケーション能力のある方にいつも英語で書道を教える体験の場を提供していますが、本日も5名の大学生など若い方々にご参加いただきました。

横浜ラグビーフェスタ2019に書道体験ブースを出展しています

横浜ラグビーフェスタ2019に書道体験ブースを出展しています。
ラグビーワールドカップに関連して多数の外国人の方が横浜を訪れています。そうした方々に書道を体験していただこうと若手書道家有志、墨輪会のメンバーで書道体験ブースのボランティアをおこなっています。

日程 11:00から

9月21日(土曜日)、22日(日曜日)、10月12日(土曜日)、13日(日曜日)、26日(土曜日)、27日(日曜日)、11月2日(土曜日)

(注)横浜国際総合競技場で試合が開催される7日間、11時00分から各試合キックオフまで

場所

新横浜駅北口西広場

内容

ステージイベント(音楽、パフォーマンス等)、日本文化体験(ラグビー縁日、書道、剣道、和太鼓の体験など)、横浜PRブース 等


第71回毎日書道展

毎日書道展 指導 書道教室
《開權顯實》(2019年)

第71回毎日書道展に漢字部2類会員として出品しています。

毎日展に出品された生徒のみなさまも大変お疲れさまでした。入選入賞された方も選ばれなかった方も、来年新たな気持ちで挑戦してみてください。

AIKIDO custom order Japanese Calligraphy SHODO artwork

Slovakian AIKIDO DOJO ordered a custom Japanese Calligraphy artwork.

I wrote "AIKIDO" on a ZENSHI size paper (70 x 135 cm) mounted by an expensive traditional Japanese style KAKEJIKU hanging roll.

aikido dojo japanese calligraphy shodo
aikido shodo japanese calligraphy
aikido dojo shodo japanese calligraphy kakejiku

Tokyo Weekender recommend Japanese Calligraphy Class in Tokyo

1970年創刊の英字誌としては日本で最も歴史のあるライフスタイル誌『Tokyo Weekender』に、当書道教室が紹介されました。

Tokyo Weekenderへのリンク

Wacca池袋での書道イベント

書道フェスティバル 東京

12月1、2日にWacca池袋で書道イベントを行います。

お近くにお越しの際はどうぞお寄りください。書道関係の無料体験コーナーがいろいろとあります。

2階では書道作品の展示も行っています(24日から)。

 

会場:WACCA池袋

会期:(イベント)2018/12/1(土) -2(日)

(書道作品展示)11/24(土) - 12/2(日)

主催:墨輪会  後援:毎日新聞社、毎日書道会

協力:WACCA池袋、(株)毎日企画サービス

住所:東京都豊島区東池袋1丁目8-1 

https://calligraphytokyo.wixsite.com/shodofestival

創玄現代書展出品作品

『萬壽(万寿)』

書道 師範 取得 東京
創玄展 創玄現代書展

創玄現代書展の推薦作家に選ばれました

今年の創玄展での準大賞受賞を受けて、今年の創玄現代書展では推薦作家として作品を展示いたします。お時間のある方はどうぞよろしくお願いいたします。

 

第44回 創玄現代書展

 

 会場 セントラルミュージアム銀座

(銀座3丁目・紙パルプ会館5階)

 電話:03-3546-5855(美術館事務室)

会期 平成30年10月30日(火)-11月4日(日)

   10時から18時

主催 公益社団法人 創玄書道会

後援 毎日新聞社

 

※創玄現代書展

創玄現代書展は、毎年春に開催される創玄展とは別に「これからの書」を意識した魅力ある書展として開催してまいりました。

この展覧会は、「推薦部門」と「選抜部門」の二部門から成り、推薦部門は、その年の創玄展において上位の受賞者(*)と、理事・監事以上の作品を展示いたします。

選抜部門は、審査会員(一科・二科審査会員を除く)と、創玄書道会準会員(一科公募)で毎日展または創玄展一科の入賞経験者から毎年1400点近くの応募があり、厳しい審査を勝ち抜いた100点の入選作品を展示いたします。

最有力旅行雑誌『Travel + Leisure』誌の取材を受けました Interview and photographing by Travel + Leisure magazine

宮崎書道教室は、世界で最も影響力のある旅行雑誌『Travel + Leisure (トラベル・アンド・レジャー)』誌の取材を受けました。

二台のカメラの前で墨を磨るところや、半紙、半切3分の1サイズに即興で書をしたためました。

 

※『Travel + Leisure』誌

月刊 100 万部近くの売り上げを誇る米 TIME Inc.社発行の大手旅行雑誌。1971年創刊。北米の富裕層を主なターゲット層とし、世界的にも強い影響力をもつとされる。

世界中のリゾート・ホテル・レストランや、現地のグルメ・ファッション、イベントに関する最新情報もカバーしていて、北米の富裕層を中心に売り上げをのばす。世界のホテルや観光地のランキングなどで、世界的に影響力が強い旅行雑誌。

外国人の方に英語で書道を教えてみたい人へ (インターン制度)

当書道教室では、外国人の方に英語で書道を教えてみたい人のためにインターンの受け入れをおこなっています。現在書道を学んでいて、将来外国の方に英語で書道を教える仕事に携わりたい方、または仕事のかたわら趣味で教えてみたいと思っている方に、まさにその生きた現場を体験できる機会を提供いたします。

あるいは大学、専門学校で英語を習得したものの実際の生きた場で英語を使用する機会のない方にとっても生きた英語に触れるまたとない機会となります。当書道教室にはいろいろな国(欧米系が大半ですが)の方がいらっしゃいます。それぞれが異なるアクセントや話し方をします。興味や考え方も異なります。

ご関心のある方は、お問合せよりご連絡ください。

こちらもご覧ください

パナソニックショールームでの書道展覧会

書道 作品 依頼
書道 作品 依頼 有名

『守節』(節操を守り、志を変えないこと)

 

『書のある住まい――毎日書道展 気鋭の若手書家展』(パナソニックリビングショウルーム東京:汐留)に出品した作品です。

 

書のある住まいー毎日書道展 気鋭の若手書家展ー パナソニックショウルーム

書のある住まいー毎日書道展 気鋭の若手書家展ー

 

墨輪会の有志メンバーが家に飾り易い書作品を創りました。パナソニックのリビングショウルームに小さな書作品が並びます。是非皆さん足を運んでください。会場にてアンケートに答えるとハガキ大の小作品が抽選でもらえます。

 

期 間

2018年9月20日(木)~25日(火)

10:00~17:00

 

場 所

パナソニック リビング ショウルーム 東京(東京都港区東新橋1)

 

主催等

毎日新聞社・毎日書道会・墨輪会

 

毎日新聞でも紹介されました。

https://mainichi.jp/articles/20180901/dde/041/040/040000c

 

出品者

安藤尤京 市川智美 岩壁聖濤 大八木耕一 金子大蔵 川本大幽 齊藤恭平 櫻本太志 棧敷東煌 佐藤義之 千代倉桜崖 田鶴崖 中澤京苑 根本爽穂 日向伯周 福本泰子 松尾治 水川芳竹 宮崎淳史 森桂山 渡瀬英仁 渡辺柱雲